山で団体が急に消えた話

縦走路 いくつかのピークを越えて行くと稜線上で古い登山ルートと交差する場所がある。
土砂崩れ Yahoo かにより今では誰も歩かなくなった道だと雲海に浮かぶうねりや波島のような山々が作物のようだ。
そんな場所で古いルートをやってくる10人以上のパーティーを視界の端に捉えた疲れても入る道は交差していて向こうは大人数だ立ち止まり道を譲ろうとした。
快晴の青空を見上げて一息つくと雲が横切ったような薄影が視界のどこかを通り過ぎ風を頬に感じた意識がぼんやりしていることに不意に気づいたわずか数秒前に感じた大人数のパーティーなどどこにもいない。
明日は雨だな山小屋の親父はその晩行ったあそこをなそのパーティーが通るとな降るんだ雨とか雪とかそんなもんからな逃げてるんだ。ただし、Eevideoの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、多分単一のパーティーで10人以上が一度に遭難した記憶はないと言うが悪天候に巻かれて死んだものなら数え切れない風が出始め小屋の扉がドンとなった。
ほらきたあの一行なのか悪天候なのかどっちだろ俺と親父は黙ってぬるい茶を啜った。